2013年06月20日

墨の基礎知識

墨の起源は、秦の時代にあるとされています。

その当時は天然の石(黒鉛)を使っていたようで、
次第に煙の煤を小さく固めたものが使われるようになったようです。

墨の起源
(秦の墓から出土した最古の石硯、磨石)

ーーーー薄い墨色の「松煙墨」について

今のように硯で磨いて使う固形墨はすでに後漢時代から登場しました。

この頃の墨は「松煙」が原料となり、
墨の職人が育ち、質の良い松の豊富な安微省で移り住んだことから、
「微墨」の呼称が生まれるようになります。


「松煙墨」は現在でも使われていますが、
炭素の粒子が大きく、柔らかな色合いに特徴があり、枯れてくると青みが強くなります。

あまり採れない貴重な墨のため、その分、値段も高くなります。

純粋な松で作られたものは希少のため、
現在、手に入る中国製の「松煙墨」など注意が必要です。

天然ものはきわめて貴重品のため、
代用として原料に鉱物、ならまだしも、一部タイヤの燃えかすなどの
物質から作っているのが(案外「松煙墨」らしい色が出るらしい・・・・)
安く市場で出回っているようです。



ーーー濃い墨色の「油煙墨」について

南宋の時代には「油煙墨」が登場します。

こちらの原料は菜種油、ごま油、大豆油などで、
それらの植物性油を土器に入れて、採煙して製造されます。

特徴としては、粒子が細かく、墨色が濃く、どちらかというと赤茶色です。


ーーー日本の墨「和墨」

日本での産地は奈良と鈴鹿が有名です。

中国製の墨よりも、品質が高く安定しているため、
日本の墨のほうが評価が高く、使われているようですが、
作品用としては、中国の古墨が珍重されています。




posted by エリカ at 12:26 | Comment(0) | 書道・水墨画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

パリの画材屋さん〜Rougier-Ple

パリで品揃え豊富な画材を扱うお店として、
こないだBHVベー・アッシュ・ヴェー を紹介したけど、
もう一つ、おすすめがあります。

Rougier&Ple(フージエ プレ)
http://www.rougier-ple.fr/plan-du-site.r.html

パリのおすすめ画材屋さん

お店は赤で「&」とロゴマークが書いてあるのが目印。


ーーー パリで画材を買うならRougier&Pleへ

商品は油絵の具から水彩からパステルまで一通りそろっており、
子供向けの工作道具や、ものづくり関連商品もたくさん。

パリの画材&文房具屋さんといった感じ。

高価なraphael製の筆も種類豊富で日本よりも安くお買い得でした。

滞在時間は30分〜1時間もあれば十分。
バカンス(お盆)シーズンやクリスマス(正月)シーズンにも空いてるから便利。



ーーー BHVベー・アッシュ・ヴェーはまるで東急ハンズ!

BHVベー・アッシュ・ヴェーは「東急ハンズ」や「ロフト」に似ており、
DIVなどの品揃えも豊富で、クラフト色が強いけど、
Rougier&Pleは画材専門店だから、販売製品ラインナップがより専門的な感じ。
商品の並べ方もBHVより見やすい。

ご家族の方や、美術に興味がない人と一緒に行くなら、
だんぜんBHVベー・アッシュ・ヴェーがおすすめ。

いろんな趣味志向の人が楽しめる品揃えだから、
アート用品をご主人がみている間に、キッチン用品を奥さんがみるとか、
別々の行動をとりやすいメリットがあります。



☆Rougier&Pleへのアクセス
http://www.rougier-ple.fr/magasins/ile-de-france.r.html
パリ市内に4店舗ありますが、私はSaint-Germain店へ行きました。
posted by エリカ at 23:50 | Comment(0) | パステル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

ハッチング練習のためのトレース

おすすめのハッチングの練習方法です。
誰でもできて、なおかつ力がつきます。まじめにやれば・・・。

<方法は簡単!>
素描集にトレーシングペーパーを当てて、
その線画をなぞるだけ!

これなら誰でも出来るでしょう。

なるべく線が正確な作家さんを選ぶのがポイント。
私のおすすめは「アルブレヒト・デューラー」
(なるべく大きめな図案を選んでね。)


↑私はコレを使っています。
A4サイズのトレペで練習するのにちょうどいいサイズの素描集。

パラパラとページをめくって、
「これなら出来そう!」と思う絵を選んで、
トレーシングペーパーを貼付けて、シャープペンシルでなぞります。

なぞっているうちに無心になり、
格調高いデューラーの絵画と一体化して、
だんだん「写経」をしているような気分になってきます。

「出来た!」と思ったら、トレーシングペーパーを外してみて下さい。
(ここで失望する方も多いのでは・・・?)

なぞるだけなら簡単だけど、ところが、どっこい・・・奥が深い。

単に線を引いただけでは、全然ダメなんですね。
立体感が出てこないし、線がゴチャゴチャ込み入ってるだけの、
デューラーにがっかりされそうな出来映えです。

そこで、トレペを外した状態で、
もう一度、上から書き込んで仕上げて行きます。
実物としっかり見比べて「絵」になるように。

アルブレヒト・デューラー

けっこう根気が入りますヨ。

そうしていくうちに、
たくさんの線があるのに、無駄な線は一本もないことに気づくし、
線の方向性や、重要度にも気づくでしょう。

一本、一本の線の役割を考えながら、
何枚もトレースしていくうちに、ハッチングの技術は向上します。

ハッチング技法は、
グラデーションの代用としてテンペラ画などに用いられた技法ですが、
描画力がトータルに鍛えられ、デッサンに、彩色にと、応用範囲は広いです。
時間のあるときに練習されることをオススメします。

posted by エリカ at 22:17 | Comment(0) | デッサン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。