2012年03月06日

右脳を使ってデッサン上手になる方法

デッサンに必要なのは、
「目の前にあるモノをその通りに描く」という能力だけど、

人間の視覚には先入観があって、
もともと形をシンボルとして記憶しているために、
あるがままの形を描くのは難しいそうよ。

記憶に基づいて描くのが<左脳的>な手法だとすれば、
あるがままに見たままを描くのが<右脳的>な手法。

それを習得するための様々なアプローチが描かれた技法書があって、
私はこれを一通りやってみたら、役に立ったばかりでなく、
<右脳モード>の使い方まで学べるわ。

あらゆるシーンで右脳モードの切り替えができると役立つの。

たとえば、
未知の領域にチャレンジするなど、
既存の概念に頼った<左脳モード>よりも、
あるがままに捉える<右脳モード>の方が既存の殻が破れるというか・・・

先入観がないから、小さな考えに捕らわれない、
無限の可能性を秘めているわよね。

いかにふだんの自分が左脳モードであるってことにも気付けたし、
一瞬で右脳モードを起動する方法も身に付いたように思う。


Amazonの口コミにあるように
「美術教本としてより能力開発書として非常に優れた本」
だと思う。

残念ながら、廃盤のようだけど、
おすすめはベティエドワーズによる原本「脳の右側で描け」よ。



この本の著者はノーベル賞を受賞した大脳生理学者スペンサーの研究を元にして、
大学で美術を指導したカリキュラムに取り入れつつ、
3年をかけてこの本の初版を作成&改訂を重ねたもの。

美術教本にしてはほとんどが文章で説明ばかりだけど、
ゴッホやピカソなど巨匠の作品を例に出しながら、
ベティさんの熱い想いが伝わってくる良書だわ。

この本の通りに課題をやってみてデッサン力も向上したけど、
デッサンを通して、右脳モードと左脳モードの切り替えが学べたことが、
私の人生においても価値ある収穫だったと思う。


こちらは簡易版とされる本。



「絵を右脳で描く−「描く能力」が劇的に向上」は
ベティエドワーズによる理論を簡略化した本と言われており、
似たような課題が出ているわ。

でも肝心なソウルがないのよね・・・
理論が表面的でインパクトが足りない気がするから、
エドワーズさんの本をオススメするわ。


posted by エリカ at 23:24 | Comment(0) | パソコンで絵を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。