2013年06月20日

墨の基礎知識

墨の起源は、秦の時代にあるとされています。

その当時は天然の石(黒鉛)を使っていたようで、
次第に煙の煤を小さく固めたものが使われるようになったようです。

墨の起源
(秦の墓から出土した最古の石硯、磨石)

ーーーー薄い墨色の「松煙墨」について

今のように硯で磨いて使う固形墨はすでに後漢時代から登場しました。

この頃の墨は「松煙」が原料となり、
墨の職人が育ち、質の良い松の豊富な安微省で移り住んだことから、
「微墨」の呼称が生まれるようになります。


「松煙墨」は現在でも使われていますが、
炭素の粒子が大きく、柔らかな色合いに特徴があり、枯れてくると青みが強くなります。

あまり採れない貴重な墨のため、その分、値段も高くなります。

純粋な松で作られたものは希少のため、
現在、手に入る中国製の「松煙墨」など注意が必要です。

天然ものはきわめて貴重品のため、
代用として原料に鉱物、ならまだしも、一部タイヤの燃えかすなどの
物質から作っているのが(案外「松煙墨」らしい色が出るらしい・・・・)
安く市場で出回っているようです。



ーーー濃い墨色の「油煙墨」について

南宋の時代には「油煙墨」が登場します。

こちらの原料は菜種油、ごま油、大豆油などで、
それらの植物性油を土器に入れて、採煙して製造されます。

特徴としては、粒子が細かく、墨色が濃く、どちらかというと赤茶色です。


ーーー日本の墨「和墨」

日本での産地は奈良と鈴鹿が有名です。

中国製の墨よりも、品質が高く安定しているため、
日本の墨のほうが評価が高く、使われているようですが、
作品用としては、中国の古墨が珍重されています。




posted by エリカ at 12:26 | Comment(0) | 書道・水墨画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

朝日カルチャースクールで絵画を習う

エリカ様の美術系スクールレポート第9弾は、
大阪梅田にある朝日カルチャースクールよ。

ここは水彩画、色鉛筆、パステル、俳画、はがき絵、
水墨画、日本画、デッサン、デザイン画など、
いろんなセミナーを3ヶ月単位で受講できるわ。

友人は水彩画を受講していたけど、
年齢層も50〜70代と高めでリピータさんが多いのも特徴で、
数年通われている方もいらっしゃるそう。
(それでもラポール学園よりは年齢層は若いんですって。)

asahi.jpg

カルチャーといっても美術系の場合は、
3ヶ月スパンのショート教室とみるのではなく、
「3ヶ月おきに契約更新のある絵画教室」というイメージかしら。

ワンフロアに教室、受付、ソファーがあり、
近代的でキレイな環境で学べるのがいいわね。

画材も受付でオーダーしておけば、
次回の講座受講時には届くシステムになっているそう。

朝日カルチャーが入っているビルのは、
リッツカールトン大阪の裏手にあるビルで、
大阪駅からは徒歩で7〜8分というところね。


<カルチャーのメリット>

カルチャーの美術教室なんて・・・と思うかもしれないけど、
「NHK」も「朝日」も各ジャンルでも著名な講師が在籍しているから、
あなどれないわよ。

それに町の絵画教室と違って、
3ヶ月スパンだから、その都度「受講の更新」を考えることになり、
もし「気に入らない」と思った場合は、遠慮なく退会できるのも合理的だわ。

個人のお教室って子弟制度みたいな感覚があったり、
先生との関係性ができていると退会しにくくなってしまうこともあるからね。

それに入会してしばらく様子をみないと、
先生や生徒さんとの芸風が合わなかったり、
気に入らなかったり、かならず相性の問題があるわよね。

そんなのはやってみないと分からないことだわ。

その点、カルチャーなら、
著名な先生に3ヶ月という契約で学べて、
どんどん気軽に先生を変えることが出来るのは良いシステムよね。

<会員料金について>

朝日カルチャーは初回に会員料金が発生するけど、
「体験」を受ければ、入会料は半額になるので、
「体験レッスン」制度があれば利用してね。

朝日カルチャー
http://www.asahiculture.com/
posted by エリカ at 15:57 | Comment(0) | 書道・水墨画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

初心者さんに☆おすすめの筆【かな】

エリカ様です。

もしあなたが書道の初心者で、
これから古典でかなの臨書でもしてみようってことで、
かな用の筆をお探しなら、これを使って欲しいわ。

古筆用筆 一条 小

古筆用筆 一条 小


お店の人にもおすすめされた伝統ある奈良筆よ。

この筆はね、かなを独学で学ぶお手本で紹介した高野切の、
つらゆきの臨書をするのにピッタリの筆なの。

何故かというと、
古典を書きやすい毛質と形にこだわって、
臨書用筆として作ってあるからよ。

「一条」というネーミングの通り、
伸びやかな線で表現できる小筆だから、
連綿や墨色のコントロールを身につけるにも良いの。

この筆はかな初心者さんにおすすめの半紙「天女」と一緒に使ってみて。


ちなみに、、、
細筆は全部おろしたら(ほぐしたら)ダメよ。
指で1/3程度ほぐして、ほぐれたところを少し水をつけて、
糊を取るだけにして頂戴ね。

水洗いも厳禁よ。
水に濡らしたティッシュで丁寧に拭いてあげてね。

posted by エリカ at 00:40 | Comment(0) | 書道・水墨画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。